学生募集について

 

大学院工学研究科原子力・エネルギー安全工学専攻の所属で、研究所で原子力工学の教育研究指導を受けることができます。原子力工学を希望する学生さんはぜひ受験してください。

【募集要項】
募集要項はこちら

 

研究室の案内

 

国際原子力工学研究所で現在開設されている研究室の紹介です。クリックして閲覧下さい。

 

◆原子炉物理学部門
原子力技術の要となる原子炉物理を中心に、軽水炉から高速炉の炉工学研究を研究・教育に取り組みます。原子炉物理・遮蔽の計算技術手法開発や高速炉炉心解析技術開発を行います。

担当教員 有田 Van Rooijen 竹田
島津    

◆原子炉熱水力
 軽水炉から次世代革新炉の炉工学研究を行います。原子炉出力向上やプラント安全性向上などの安全解析や、プラント運転時の炉特性解析などから原子炉運転時の安全と経済性を両立させる手法を開発します。

担当教員 渡辺 宮原 望月
大平    


◆原子炉燃材料部門
 軽水炉や高速炉の核燃料や原子炉構造材料の挙動解明や高経年化・高燃焼度化に対する高性能化研究を行います。新型被覆管開発、長寿命核種(マイナーアク チノイド))燃焼用高速炉燃料開発や耐照射損傷性構造材料開発など、原子力の燃料材料の課題について取り組みます。

担当教員 宇埜 有田 福元
鬼塚    


◆原子炉構造システム・廃止措置部門
  原子力発電のライフサイクルにおける安全性向上・被曝量低減・廃棄物低減を進展させるために、「ふげん」等の廃止措置に関する研究やそこで得られる知見 等の体系化、地震や津波による構造システムの解析等、今後の廃止措置や原子力発電システム設計に生かす研究を行います。

担当教員 福元
有田 大堀
柳原 一宮 此村
蔭山 井口 月森


◆原子力防災・危機管理部門
  原子力発電所のシビアアクシデント時の危機管理や平時における原子力発電地域のリスクコミュニケーション、緊急時の放射線医療や放射線物理に関わる医 学・工学研究に取り組みます。また、原子力発電所の廃止措置を安全で合理的に実施するための計画検討・立案に係る手法の開発などを行います。   

担当教員 安田 安濃田
松尾 鳥居
吉田 大貫