顧問メッセージ

顧問メッセージ

 

武蔵学園学園長
/元 文部大臣
有 馬 朗 人 顧問

大阪科学技術センター顧問
/京都大学名誉教授
木 村 逸 郎 顧問

 エネルギー問題と地球温暖化の問題は、今や人類共通の大きな課題です。この課題を同時に解決するためには、新エネルギーと共にCO2を排出しない原子力を活用していかなければなりません。そんな中、100年先の将来を見据え、安全な原子力について研究と教育を行う拠点としてこの研究所を設置された福井大学の英断には心から賛意を表します。この研究所が、単に日本国民が直面している問題の解決策を提示するのみならず、世界と世界の人々のために、根本的なエネルギー問題のひとつとして原子力をどう考えていくべきかを研究し、教育する拠点となることを期待しています。

 福井大学関係者の努力により具体化し、文部科学省の特別な配慮により、ここに福井大学附属国際原子力工学研究所が設立される。このことは地元の福井県エネルギー研究開発拠点化計画にとってはもちろん、わが国の原子力の教育・研究にとっても画期的なことである。その上は、所長、教員、職員等が改めてその意義を深く認識し、第三者性を保ちつつ、世界的な成果を挙げてほしい。