今年の会議

国際会議など

今年は新型コロナ(COVID-19)の影響で,ほとんどの会議が中止かオンライン開催に移行しています。原子力学会はオンライン開催でした。

NUTHOSは中止になり,代わりにATHという会議で代替することになりましたが,こちらもどういう感じで開催されるのかはっきりしません。

日韓の熱流動の会議NTHASは当初の開催予定を変更して,2021年3月開催予定になりました。 https://www.nthas12.org

これは今のところ,開催されそうですが,これくらいしか現地開催の会議なさそうです。

数値流体力学シンポは沖縄開催なので,申し込みましたが,オンラインだけになる可能性もあります。沖縄いけるといいなー。 https://www2.nagare.or.jp/cfd/cfd34/index.html

熱音響研究会

熱音響研究会

当研究室でも「熱音響現象」の原子力への応用に関する研究を検討しています。その関係で,熱音響に関する研究会に誘っていただいたので,渡辺先生と石垣で参加してきました。

研究会は16日と17日の2日間に渡って開催されました。学生さんの発表がメインでした。最新の熱音響に関する研究内容についての情報収集ができて有意義でした。

NURETH-18

国際会議NURETH-18

熱水力に関する国際会議 NURETH-18 (https://nureth2018conference.wordpress.com) がアメリカ・ポートランドで開催されました。今回はJAEAの石垣として発表してきました。

NURETH18

NURETHは熱水力関係で最大規模の会議です。パラレルセッションも大量にあります。国際会議で発表すると話かけられたり,知り合いが増えたりするので,積極的に参加したほうがいいと思います。

OBの坂本さんの留学先だったFZJのKelmさんが,格納容器内挙動を解析するための統合ソルバcontainmentFoamをOpenFOAMで開発しているという発表をしてました。共著者に坂本さんの名前も入ってました。なかなか勢力的な試みでした。

バンケットは会場の近くにある科学館みたいなところでした。なかなか斬新。

バンケット

次回のNURETHは2021年8月末にベルギーのブリュッセルです。頑張って研究しましょう。下のハガキの写真はバンケットの帰りにもらいました。

NURETH19

会場周辺の街なみ。路面電車が走ってます。

portland

来年の会議

2020年は国際会議がいっぱいあります。

  • NUTHOS-13
  • ICONE
  • CFD4NRS
  • NTHAS

他にもちらほら。

NUTHOS-12

国際会議NUTHOS-12

原子炉熱水力に関する国際会議 NUTHOS-12 (http://www.nuthos-12.org) が中国・青島で開催されました。 NUTHOS12

渡辺先生と石垣が発表しました。

NUTHOS12-main メインの会場はめちゃくちゃ広かったです。

Closing ceremonyで渡辺先生が熱水力分野の30年間について話されました。 closing

新しい研究頑張って進めようと思いました。

次回のNUTHOSはカナダです。頑張って研究しましょう。 NUTHOS13

ちなみに会場のホテルはヒルトンでした。きれいでいいとこでした。ホテルの庭と建物にプールがあって,室内プールで泳げました。 hotel room